MACよりWindowsの方が使いやすい為、パソコンの自作した。その1

こんにちは、花粉症に侵されながらブログ頑張ってる3児のパパのpapasです。

 

MACのファインダーが使いにくい

 

スポンサーリンク



以前使用していたデルのデスクトップパソコンが10年目になり、いろんな状況でブログをしようと思い2015年にMacBookAir2015を買ったのですが、

なんか使いにくい。

もともとwindowsを使っているせいか慣れません。

有能なソフトや直感的に操作できる作曲、絵画、動画編集があるのでメリットはあるんですが、家で撮った画像や動画の管理やその他ファイルの管理にエクスプローラーが使いやすかったので、MACのファインダーがとても使いにくい。

設定である程度windowsっぽくはできるが管理しにくいので、今後ストレスなくサクッとパソコンライフを送っていく為にエクスプローラーにしようと思いました。

MACは今の所はブログ専門機として使うことにします。

そして新しいパソコンはメインとなるデスクトップしたいと思います。

 

パソコンパーツを買う

 

さて、どういうの買おうかな?

とりあえずゲームはやらないにしてもファミリームービーを編集もしたいし投資もしたいと思っているのである程度のスペックは欲しいところだ。

以前はDELLのBTOでカスタマイズして買ったのですが、たしか当時はイケイケの

Core2Duo 2GHz

メモリ2GBを少しずつ買い増し、OSが32ビットだったので3GBまであげました。

グラボは買い増しで1Gくらいのを入れてました。

 

ではパソコンを使う用途を並べてみる。

  • 主にカメラ撮影のデータ管理
  • ネットサーフィン
  • たまに動画編集、作曲、3Dキャド、ワードエクセル
  • 投資関係

ができるスペックで見積もる。

パソコン自作は初めてなのでとりあえずネットでパソコン自作で検索すると結構ヒットします。

基本的にインテル製のCPUで組むのであれば、マザーボード、CPU、メモリ、ストレージ、モニター、マウス、キーボードと、OSを用意すればパソコンは作れました。(AMD製のCPUにはグラフィック性能がないものがあるので別途グラフィックボードを用意する。)

ただ、基本CPUを先に決めてCPUが入るソケットの形状とマザーボードの形状があっていなければはまりません。メモリを決める時もCPUの何Hzという数字にあったメモリを用意した方が良いようです。(2400、2666GHzとか)

パソコンパーツを買える所は多々ありますがAmazonがサクサク買い物できるし結構安いのでAmazonで買うことにしました。

 

PCケースはある程度組んでから大きさを加味して購入するので、それ以外をAmazonでまとめ買い。

 

マザーボード

CPU

キーボード
という感じで集めてみました。マウスはもともと使用していたものを使う。
ご視聴ありがとうございます!

                               続きを見る

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.

papas

30代後半の3児の父papas。主に日曜大工(木工)をテーマとし、自分の趣味にちなんだ記事や、日常で感じたこと経験したことを紹介していきたい。 そしてブログで収益を得て趣味の向上を目指し、読者の皆様へDIYの良さを伝えていきたいと思います。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA