使っていなかった和室を子供部屋に改造!その3





使っていなかった和室を子供部屋に改造!その2のつづき

とりあえず押入れの中を全部出しました。押入れは常時開放して子供服の衣料ケースなどを収納するので押入れの石膏ボードに白でペンキを塗ることにしました。

以前紹介したローラーと養生テープを準備します。

ローラー専用のペンキ入れ?は買うと300円もするので靴の空き箱にイオンの袋を張ってここにペンキを入れて水を入れて濃さを調節して使います。

IMG_9970IMG_9973

ペンキを塗る前に塗ってはいけないところをマスキングテープを貼ります。

IMG_0001

このマスキングテープはテープを張って切って、上の図だと透明のシートを下に引っ張ると30センチほど出て、ある程度は養生できます。残りもちゃっちゃと張るぞい。

IMG_0003 IMG_0002 IMG_0001

養生が終わったところでペンキ塗りに入ります。

塗装の基本は

面積の少ない面や溝やすみっこ→面積の広い面

に塗ると塗りやすくなるでしょう。

先に壁のすみをハケで塗ってしまいます。

IMG_0004

次に広い面をローラーで塗ります。

IMG_0005

後でから知ったのですがローラーで塗るときはWの文字みたいに塗ってから縦に塗るとムラが出にくくなるようです。

反対に、先に広い面を塗るとこんな感じになり↓

IMG_0006

すみまで届かず後でハケで塗るときにムラを治しにくいので最初にすみっこや面積の少ない面を塗ると良いでしょう。

夜な夜ないく日も塗り続け、娘たちからも色塗りを手伝ってもらいようやく終わりました!

IMG_0167

 ペンキを塗りましたが目地や隙間などペンキを塗っても亀裂ができたり隙間が多い場合には

「目地シール」を詰めます?塗ります。

IMG_0105

これもホームセンターで300円くらいで買えます。

使い方はマスキングテープをしたの写真のようにしてもよし。

IMG_0106

私の場合はシールとペンキがほぼ同じ色なのでマスキングテープは使わずこのまま充填しました。

IMG_0115

これかなり使えますよ?

年月が経つと壁紙の隅の方が亀裂により隙間ができてしまうことがあるんですがこれですぐ目立たなくなります。

押入れの色塗りが終わったところでコレを飲んで小休止。IMG_0101

ご視聴ありがとうございます!



The following two tabs change content below.

papas

30代後半の3児の父papas。主に日曜大工(木工)をテーマとし、自分の趣味にちなんだ記事や、日常で感じたこと経験したことを紹介していきたい。 そしてブログで収益を得て趣味の向上を目指し、読者の皆様へDIYの良さを伝えていきたいと思います。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA